行事報告

■大銀杏の輪切り

 山門内に置いてあった大銀杏の輪切りをきれいに削り新たに展示することとなりました。現在世話人の松本孝男さんにて輪切り表面を加工する作業が始まりました。

大銀杏の輪切り

■除夜祭イルミネーション

 令和初の除夜祭として、山門イルミネーションを行ってみました。除夜祭の雰囲気に合うかどうか不安はありましたが、チャレンジして正解だったと思っております。参拝の方の意見も頂戴しましたが、ほとんど方が好印象でどちらかというともう少し増やしてほしいとのリクエストもありました。
 クリスマスのイルミネーションとは違って落ち着いたブルーのライトのみですが、暗い中で山門が浮き上がっているようでとてもきれいにできたと思います。  次回はもう少し用意して飾り付けが出来ればと思っています。是非、イルミネーションを見ながら、除夜の鐘を鳴らしに参拝いただければと思っています。

除夜祭イルミネーション

■竹のちりとり

 竹のちりとりをいただきました。今のところ寄付きに置いてあるのですが、皆さん「珍しいね~」「今でも作れる人がいるんだね~」と驚かれることが多いです。
 製作者は相野田の白石努さんです。毎年夏に小野バスケットボールクラブの参禅会の際には流しそうめんの竹と器と箸を準備して頂いています。当面使用せずに飾ってありますのでご覧になりたい方はご自由にどうぞ。

竹のちりとり

■あじさい会(上高尾 坂本曻代表)

 例年通り、参道、境内、前田家廟所の落ち葉片付けを行っていただきました。今年も非常に助かりました。お世話になりました。

■長野県台風被災支援(妙笑寺)(令和元年12月)

昨年の台風にて多くの場所にてボランティアが必要とされていました。地元富岡でもニーズは多く時間の取れた時には各所へ応援に行っていましたが、一段落してから、長野県千曲川の堤防決壊地へもボランティアへ行って参りました。テレビで見た方もいると思いますが、決壊場所すぐにある妙笑寺様は同じ曹洞宗寺院で安中市上後閑の長源寺様の末寺にあたるお寺です。そちらの墓地での土砂かき作業や整地、石畳敷きに参加させていただきました。12月前半でも決壊地区には多くのボランティアが集まって作業を行っていましたが、復旧まではまだ時間が必要な現状でありました。テレビでご覧になった方もいるかもしれませんが、年末には復興の鐘というイベントが行われました。

長野県台風被災支援(妙笑寺)

■裏山斜面災害復旧工事完了(令和元年12月)

2年前の台風21号の影響で裏山が地滑りしておりましたが、災害復旧が行われ、無事に完了いたしました。昨年の台風で少し斜面がえぐられましたが、土嚢を詰めて対応いたしました。

裏山災害復旧工事が完了

■禅を聞く会開催(令和元年11月25日)

禅を聞く会開催11月25日吉井町仁叟寺様をお借りし、禅を聞く会を開催いたしました。駐車場も満車となり、200名以上の方が集まりました。以前は高崎駅付近で毎年行っていましたが、近年は各地で11月頃に開催をしています。来年の開催日時場所が決まりましたら、寺だよりにてお知らせしますので、ご参加ください。


■縁活坐禅会

縁活坐禅会高崎市の恵徳寺様をお借りし、多様な性の時代ということで、LGBTの方と理解者の方で坐禅会と交流会を開催しました。当事者の様々な話を聞くことができ、有意義な時間であったと思います。

ページ 1 2 3 4 5 6 7