大銀杏再生工事報告

 平成29年8月に台風の影響で倒木した大銀杏ですが、12月に再生保護工事が終了いたしました。
前田家家臣の石塔はまだ再設置できていませんが、お寺へ来る途中の斜面の工事が年明けより始まっていますので、その工事が終了後に再設置工事が行われる予定となります。
すべて完了となるのは平成30年4月以降となる予定です。










私より大きいチェーンソーを初めて見ました。大銀杏伐採のチェーンソーの仕切りは西日向の茂木昌一さんでした。檀家さんが仕切りでしたので安心して任せられました。






バーナーで焼き、薬剤を散布しての治療です。


ウィンチ付きの重機四台とワイヤーを巻き取る重機の計五台での引き起こし作業でした。






無事に再生保護工事完了となりました。三、四年後に根が出てくれることを期待したいと思います。